設立の主旨

 音楽家を志す青少年の支援と育成に地域はどのように取り組むべきでしょうか?その試みの一環として、1988年以降に10年にわたり、アメリカ合衆国アスペン市の活動を模範とした『ながのアスペンミュージックフェスティバル』が長野市で開催されました。その後、市内外を襲う経済的な環境の悪化を受け、音楽祭とその精神の継承と発展を願う有志が1998年に、「財団法人ながのアスペン音楽文化財団」を設立、名称も『ながのアスペン音楽祭』と変更し、活動してまいりました。その後、平成25年1月7日「一般財団法人勝山音楽財団」に移行し現在に至っております。
 私たち「一般財団法人勝山音楽財団」は、長野地域出身者を中心とする音楽を学ぶ青少年や若い演奏家に演奏を発表する機会を提供したり、音楽を愛する青少年のためにミュージックスクールを開講することを通して、地域の音楽文化の発展に寄与することを目的に活動を続けています。また、演奏家をめざす学生への奨学金制度の創設を未来の展望としています。

代表理事 勝山直樹

© Copyright 2013 Katsuyama Music Foundation, General incorporated foundation. All rights reserved.